Connect with us

MASARUBLOG

今年はすごい1年間だった。

日記

今年はすごい1年間だった。

色んな不安を抱えたまま
ふと、期待を込めて
そんな風に今年の1月に願いも込めてパソコンにメモをしてた。

 

2016年12月31日にこんなにも人生は変わるのかと思ってる

 

僕は人生やめかけてました。
そんなことばかり考えてました。

 

今年の始まりの時、12月まで自分が本当に存在してるかどうかわからないと思ってた。

 

とにかく情緒不安定だった。

1月~6月位まで1週間ほどの記憶しかない。

正月、神戸の実家から帰る時、もうどこにも行きたくなくて、初めてお母さんに泣きついて電話しました。

そして2月に、

 

明日目が覚めませんように

祈るように眠る前に唱えて寝てました。目が覚めなくてそのままならそれがベストだと思ってた。

 

そして人と会う約束がある日に、起きてるけど目が開かないという恐ろし体験をしました。
その怖さにもう変なことは考えないようにしないとダメだと思えるようになりました。

なんていうか、自分がない。欲がない。
こうしたい、ああしたいっていう、もう生きる気力が本当に持てなくて、ゲームだけして時間が過ぎた。
ゲームしてる時だけ、ゲームの世界には入れて、何も考えたり思ったりしなくてよくて、人と会わなくてもいい。

現実はどんどん悪くなってるのに、ほとんど傍観してて、元々現実と自分を切り離せるとこがあって、現実をほったらかしにしてました。

そんな状態なのに、友達から電話がかかってくると、どんな状態であっても、何事もないように、もしもし!って明るい声で会話する自分が本当にダメだなと思いました。

自分が出せない

気を使うとかいう次元じゃない自分に本当にダメだと思いました。

 

 

 

本当に怖いなと思ったのは、

目が開かなかったのもそうだけど、十分今までの人生に満足してて、欲っていうか望むものとかがほんとになくて、これ以上もっと!とはなれなくて、矛盾してるけど、それが息苦しい感じで、月に50万円位収入があれば有り余るよ!30万円もあれば贅沢だよ!って思える生活が本当にしたいと思ってしまった。

 

僕は茅ヶ崎に引っ越す年、

2014年にお金いらない、幸せはいらない、何もいらない。そんなことがずっと頭の中をグルグルしてて、そんなことばかり話てた。

 

そんな思考の継続が現実に本当にそうなってしまった。
何も望まない、何の気力もないってなると本当に人は生きていけないんだというのを身をもって知った。

 

自ら不幸を求めるようなことを人はしないと思うけど、そんなことをしてしまった。
一時的に、衝動的になら誰にでもあると思うけど、こんなことを冷静に本能的に毎日思ってしまった。

今はもうそんなことはないからこうして書いてるけど、現実は友人に救ってもらった。
名古屋に引っ越したのも、環境を変えた方がいいという提案で今名古屋にいる。

 

「2016年12月31日にこんなにも人生は変わるのかと思ってる」

 

自分の力でなく、人の力を借りて今がある。
今は人生を良くしていこうって思えるようになった。

毎日少しづつでも今日より明日、少しづつでも
心と現実を前進できれば、365日後
人生は相当よくなる

だから来年は仕事だけに集中する
遊びは自分が元気に、本来の自分になってからでいい。

それに今は、いい意味で月に50万円もあれば有りあまるよ!っていう自分になれた。
現実をきちんと生きてる今にすごく生きがいっていうか、前向きになれてるので自分にとっては今年はすごく変化のあった年だった。

 

来年は日に日によくなっていく1年にしたい。

 

Continue Reading
You may also like...
masaru

カテゴリを分けると放置するので何でも更新中!

Click to comment

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。

More in 日記

POPULAR POST…

TAG…

ABOUT ME

MASARUBLOG管理人です。
北海道、名古屋、ハワイを中心に観光、グルメなどの過ごした情報を発信してます。
 
雑多ブログと言われる個人ブログを楽しんでずっと運営してきます。ごゆっくり
 

About Me / お問い合わせ / サイトマップ

To Top