モデルルームと違うタイプを検討する時

モデルルームでは、一番いい部屋を用意するのが普通です。
大規模物件や大きなモデルルームでは、2タイプ、3タイプ
用意してるとこもありますが、まぁ、だいたいは1つですよね。

今回は、35㎡~130㎡まであるようなプランの多い
マンションを検討する時についてです。

例えば、モデルルームのお部屋が75㎡、3LDKの場合で
検討してるお部屋は40㎡、1LDKの場合、
同じ仕様とはいえ、やはり実物でないものを見ることになります。

仕様や設備が見れて検討しやすいのはたしかです。

きっと、この2部屋がなくなる感じかなぁ。。

そう、検討されると思います。

では、逆にですね。40㎡のモデルルームで、75㎡を同じように
仕様や設備が見れて検討できるかという難しいんです。

ここに、あと2部屋増えるのかなぁ。。
小さいものから、大きなものをイメージする方が難しいですよね。

即決で買われた方も、2~3日考えたかもしれません。
お部屋は大きい方がよく見えるんです。

仕様は同じでも、広くていいなぁ。という、感動も加わってきます。
その上で、全然広さの違う、35㎡、40㎡を検討するので、
実際のお部屋より、いいイメージを持って、検討することになります。

廊下は短くなり、お風呂は小さくなり、キッチンも小さいかもです。
リビングは半分かもしれません。

モデルルームでお部屋に感動したなら、よくよく、イメージしないと

完成していざ住む時に、40㎡だと、こんなものか。。。

そんな思いをされた方はたくさんいると思います。 

同じ仕様でも大きさが違うと、お部屋のイメージも変わります。
気をつけましょう!!

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。