『君の名は。』入れ替わった体験はないけどリアルな夢に近い。

『君の名は。』

「えっ観てないの?」

 

ってびっくりされたから先日観てみた。後半少し感情移入してウルッときたけど。

 

これさ、
めちゃめちゃブオトコとブサイクな女だったら面白いね。

 

「お前の人生最悪だな!」

「お前も人のこといえねーよ!」

 

って感じですんごい顔した2人だったら…とか、そんなこと思ってしまった。ドン引きされそうだけど、思ってしまったからしょうがない。

 

これ観て思ったのは、

 

君の名は。めちゃくちゃリアルな夢を掘り下げた感じ

君の名は。

『君の名は。』で思ったのは
夢でありえそうなお話だなーって。

 

超リアルでありえないけど現実のような夢なら何度もあって。

 

入れ替わったことはないけど、まるで現実かのような、ありえないけど現実として捉えられる夢。

 

しかも今は疎遠だけど
過去に知ってる人とか、なぜかよく出てくる人とか。

 

みんなあるでしょ。

 

それで気になって連絡したりとか実際にはなくて、お昼ごろには夢のことも忘れてて…。

 

連絡して会ったりすれば驚きの事実があったりするかもしれないのにね。
ま、君の名は。はそんな浅いお話ではないんだけど、そんなこと思った。

 

だって夢だとこういうことありそうだし。

 

 



 

おすすめの記事