【2022年最新】おすすめ海外有料WordPressテーマ厳選10!ThemeForest!
素敵なデザインのWordpressテーマがたくさんあるThemeForestのご紹介です。このThemeForestで30個以上のテーマを購入してきた経緯もあり、おすすめなテーマや選び方をご紹介します。

日本で購入したワードプレスのテーマは、

現在最新版のテーマ、STORK19を発売されてるOPENCAGE(オープンケージ)のアルバトロスっていうテーマです。

そして、2022年現在使用してるテーマがこちら、【DIVER】有料ワードプレステーマに15万円使ったテンプレートおたくがおすすめ!でご紹介したDIVERです。

それ以外の9割は、海外のワードプレス有料テーマをたくさん扱っているThemeForestで購入してきました。ThemeForest以外の海外有料テーマもいくつか購入しましたが、海外製のワードプレステーマならThemeForest一択で問題ないです。

2022年最新themeforestの有料ワードプレステーマ10選

定期的にThemeForestでワードプレスのテーマを見てるので、2022年最新の海外テーマ、ThemeForestのかっこいいテーマをご紹介します。

ワードプレステーマと言っても、海外の有料テーマは、幅広くあります。

日本で一般的に使われるブログ用のテーマや、クリエイティブなテーマ、Eコマースに特化したテーマなど種類はたくさんあるのですが、ここでは日本人が、普通のブログ運営にも使えそうなワードプレステーマをご紹介します。

Fonix | Newspaper & Magazine WordPress Theme

Fonix | Newspaper & Magazine WordPress Theme

2022年11月現在、41種類のテーマに沿ったデザインを自由に使えます。本当に綺麗です。

デモサイトを見ると41種類の中から使ってみたいテーマがたくさんありますね。今現在の価格で18ドル(価格はよく変動します)です。

Zosia - Personal WordPress Blog Theme

zosia

Zosiaのブログテーマは8種類のパターンが用意されています。画像が白く縁どられているのと少し丸みを帯びてる統一感がとてもきれいです。今現在の価格で29ドルです。

Petite Stories - Personal Blog Theme For Influencers

Petite Stories - Personal Blog Theme For Influencers

Petite Storiesは色合いがとても綺麗でデザイン専門の勉強をしないと、とてもマネできないセンスの良さがあります。女性専門のサイトに使えそうです。

現在安くなって14ドルで購入できます。

Benqu - News Magazine WordPress Theme

Benqu - News Magazine WordPress Theme

Benquは現在19種類のテーマが用意されています。個人的には、このカクカクした感じで統一されてるテーマは好みです。

現在17ドルです。

Mura - WordPress Theme for Content Creators

Mura - WordPress Theme for Content Creators

MURAの海外テーマはこの画像のタッチに目がいってしまいました。こうして見ると他のテーマもですが、統一感ってすごく大事ですね。

現在59ドルから39ドルにお安くなっています。

Neeon - WordPress News Magazine Theme

Neeon - WordPress News Magazine Theme

Neeonは現在24種類のテーマが使えます。ブログ系のワードプレステーマですが、スポーツ、旅行、食べ物系などジャンルに合わせたテーマが用意されています。

現在29ドルです。

Kayleen | Blog & Magazine WordPress Theme

Kayleen | Blog & Magazine WordPress Theme

Kayleen | Blog & Magazine WordPress Themeは現在33種類のパターンが用意されています。この随時更新されて使えるテーマが増えていくというのも、海外の有料ワードプレスの特徴です。

Kayleenは現在18ドルですが、月日が経つと勝手に使えるテーマが増えてるというのはありがたいですね。

Newsy - Viral News & Magazine WordPress Theme

Newsy - Viral News & Magazine WordPress Theme

Newsy - Viral News & Magazine WordPress Themeは現在18種類のテーマが用意されています。日本のテーマではあまりないですが、このNewsyのテーマのように、スクロールすると次々に過去記事が表示されるといのが海外の有料ワードプレステーマには多いのも特徴です。

現在34ドルです。

Henrik - Creative Magazine Theme

Henrik - Creative Magazine Theme

Henrik - Creative Magazine Themeというタイトルだけあって、デモサイトを色々見てもらえるとわかるのですが、かなりクリエイティブなテーマなのに、ブログ系のサイトでも使えるテーマになっています。

ちょっとしたことですが、Quoteタグの形や、画像が変形されて表示されたりなど、細かい所もテーマと重なって綺麗です。

現在85ドルです。

Uppercase - WordPress Blog Theme with Dark Mode

Uppercase - WordPress Blog Theme with Dark Mode

Uppercaseという海外テーマですが、あまりアフィリエイトなどをするサイトには向いていないですが、個人的にこういうのたまらないんです。正直、スマホ表示だと何とも思わないのですが、PC画面で見ると、こういうテーマでサイト運営したいなっていう衝動にかられます。

現在59ドルです。


ThemeForestのブログ系おすすめ10テーマをご紹介しましたが、海外の有料ワードプレステーマ販売サイトには、注意点があるのでご紹介します。


海外有料ワードプレステーマ購入の注意点

ワードプレステーマ僕はこのThemeForestで30以上のテーマを購入しています。

本当にワードプレスのテーマおたくなのですが、「買うんじゃなかった」という経験があるので、ThemeForestでの海外テーマを購入するのに、注意点を記載しておきます。

あまり売れてないテーマはやめた方がいい

どうしても購入して使いたいテーマならしょうがないですが、あまり売れていないテーマの場合は注意が必要です。

  • 売れていないテーマは不具合があってもそのまま放置される
  • ワードプレスのアップデートに対応しないので使えなくなる

タイミングが悪かったのか、購入した次の日にテーマをインストールできないということもありました。

1番多いのは、ドメインを取得して、テーマはたくさん買ってるので、どのテーマでサイト作成しようかなと、ダウンローページを開くともう使えなくなってるということがよくあります。

この画像は昔に購入したテーマのダウンロード画面です。

ThemeForest

黄色で囲われたDownload not availableとなってるテーマはもう使うこともできません。通常は何度でもログインすればいつでも何回でもダウンロードできます。

もう慣れっこなので、何とも思わないですが、とても気に入ってたテーマが使えなくなるのは悲しいです。

なので、売れていないテーマ、または古いテーマは購入を控えた方がいいです。

購入のコツは売れてるテーマを選ぶこと

ThemeForestでは、テーマがどれだけダウンロード、購入されてるかという数字が表記されています。そういうテーマは、ワードプレスのアップデートにも対応され、また今の時代にあったテーマに進化していってるテーマもいくつかあります。

売れてるテーマなら必ず大丈夫という訳ではないですが、確率はグンとあがります。

僕が購入したテーマでずっと更新されて売れ続けてるPlutoというテーマは4500人以上に売れててずっと更新されて続けています。

この長くダウンロードできる可能性の高いテーマを選ぶのがコツです。

購入した有料テーマがワードプレスにうまく導入できない場合

日本の有料テーマだと、テーマをアップロードして、それに付随してる子テーマをアップロードすればテーマが導入されています。

これが、海外の有料テーマの場合、テーマ専用のプラグインがある場合も多く、分けてアプロードしないといけないことが多いです。

よくある、うまくテーマを入れれないケースはこの2つです。

  • 既存のプラグインが邪魔してる
  • TOPページは固定ページで形成されてる

 

すでに入ってるプラグインとの相性が悪く、テーマを構築できないということが多々ありました。うまくテーマが導入できない時はまず、プラグインを疑った方がいいです。

それでも入らないとすればトップページが固定ページで形成されてる場合が多いです。

これがショートコードで形成されてたりなかなか大変なこともあります。この場合、そのサイト自体のデモサイトをそのまま導入することが出来るので、一度デモサイトを入れてしまった方が早いです。

また、説明が英語なので、感覚的にでもワードプレスの立ち上げ方に慣れている人でないと、購入したテーマをはめ込むことが出来ないというケースも考えられます。

おすすめは日本ではあまり売られてないテーマを選ぶこと

themeforestわざわざ有料で海外テーマを買うのに、日本で販売されてるのと同じようなテーマ買うなら日本で買った方がいいです。

実際に色々買ってきて、きちんとテンプレートをはめ込めるか毎回ドキドキして買ってきました。サポートもありますが、英語だし、翻訳を使って何度か質問もしましたがラリーのような会話になると大変です。

いざテンプレートをあてると、表示がぐちゃぐちゃになってしまうことが何度もありました。ある程度の知識やワードプレス慣れしていないと面倒な思いをする可能性があります。

SEOとかにこだわるならシンプルなテーマがおすすめ

ワードプレスのテーマがSEOにどれだけの影響があるのかわかりませんが、基本、有料テーマは今の時代、SEO対策済みとなっています。

このSEO対策ですが、長くブログ運営をしてきて思うのはテーマはシンプルな方がベターだと思います。色々たくさん詰め込んで、表示スピードがあがってSEOにも効果が増すというのは考えにくいです。

海外の有料テーマをたくさん購入してきましたが、見た目以上に大量のファイルがギッシリあります。

ボタン1つで3カラム、1カラム、デザインもたくさん用意されてて便利ではあるのですが、その他に使わない、いらない機能というのがたくさん入ってます。色々ある分だけ、ページ速度も落ちると思います。

SEOにどれだけテーマが作用するのわかりませんが、専門ブログで凝縮した情報を充実させていくことが何より大事だと思います。

本気でSEOにこだわるならシンプルなテンプレがいいと思います。このデザインいい!っていうのは主観ですので。

おすすめの優良テーマ、ThemeForestまとめ

やはりプロが作るテーマはどれも素敵です。

また日本の有料テーマが高いのかどうかわかりませんが、日本と比べるとこのthemeforestにあるワードプレステーマは、素人では作れないレベルのテーマが20ドルほどで売られています。

1つだけでなく、色んなバージョンまで用意されていて、約20ドルで40テーマほど使えるものをたくさん存在します。

ブログデザインが好き、またはブログやサイトのテーマにあったテンプレートを使ってみたいという方は、このthemeforestで探してみるのもいいと思います。

「DIVER」テーマを使っています

masaru.meでは、DIVERのテーマを使っています。テンプレートおたくでたくさんのテーマを購入してきましたが、DIVERに出会ってからテーマの購入がとまりました。

おすすめの記事