【母なる証明】韓国おすすめサスペンス映画!ついに観てしまった( ;∀;)

気になってた韓国映画、母なる証明を視聴しました。簡単に作品内容には触れますが、ネタバレしないレベルで感想を記録しています。

母なる証明 あらすじ

韓国映画【母なる証明】の簡単なあらすじ。

作品は簡単に言うと、知的障害の息子が殺人事件の容疑者となり、無実を信じてる母親の行き過ぎたサスペンス映画。

この母の強い想いがすさまじく、作品に引き込まれます。

静かな田舎町。トジュンは子どものような純粋無垢な心を持った青年。漢方薬店で働く母にとって、トジュンの存在は人生の全てであり、いつも悪友のジンテと遊んでいることで心配の絶えない毎日だった。そんなある日、女子高生が無惨に殺される事件が起き、容疑者としてトジュンが逮捕されてしまう。唯一の証拠はトジュンが持っていたゴルフボールが現場で発見されたこと。しかし事件解決を急ぐ警察は、強引な取り調べでトジュンの自白を引き出すことに成功する。息子の無実を確信する母だったが、刑事ばかりか弁護士までもが彼女の訴えに耳を貸そうとしない。そこでついに、自ら真犯人を探すことを決意し行動を開始する母だったが…。
(C)2009 CJ ENTERTAINMENT INC. & BARUNSON CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

母なる証明 ポン・ジュノ監督

母なる証明の監督はポン・ジュノです。

同じサスペンス映画、「パラサイト 半地下の家族」もですが、そういう思考回路をしてるとこういう作品を生み出せるのか本当に謎。

最初と最後の母のダンスの意味や、トジュンは本当は知的障害ではなかった…。

など、考察すると止まらない作品。

ポン・ジュノ監督「ネタバレ? 今は話すことができる」のお話はこの「母なる証明」を視聴した人がみると面白いですよ。

母なる証明 映画感想

母なる証明 映画感想
(C)2009 CJ ENTERTAINMENT INC. & BARUNSON CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED

 

ずっとこの母なる証明は気になってました。

ただ、直感的にこれ観たらダメ!っていう本能が騒いでいつも観ませんでした。

この母なる証明っていうタイトルとこのパッケージから伝わる凄味、そして韓国映画っていう見終わったらイヤな気持ちになるんじゃないかと思ってました。

視聴すると、サスペンス映画独特のゾクゾクするシーンも後半に連れて襲ってきますが、この母が思う息子への愛情の凄味は序盤から味わえます。

母なる証明は観ると自分の母親と重なる気がして…

自分の話しになるけど僕は母子家庭です。

母親の、まさるは…っていう強い想い、期待、愛情というのを小さい頃から感じるほどでした。

それこそ、懸命に必死になって育ててもらってきました。

なんとなくこの母なる証明という映画が自分の母親に重なるんじゃないかと思い観れなかった。

実際に観てみて、この母親(キム・ヘジャ)のような異常さはないけど、この強い息子への想いは全く同じでドキドキして観てました。

息子(ウォンビン)を追いかけるシーンなんてたまらんかった。子供の頃に同じようなシーンがあって…。

僕は男だからあれだけど、母親って自分の体から子供を産むから。その愛情や想いというのははんぱないんだろうなって改めて思った。

生きてると

自分のことじゃないから感動出来たり
自分のことじゃないから苦しくなったり
自分のことじゃないから想いが強くなる

 

そんな人を想う思いって自分を超える時があるでしょ。

ま、この母なる証明の母親の愛情はこんな言葉をはるかに超えるほど強烈なものでしたが。

母なる証明は息子(ウォンビン)の演技も素晴らしい

この作品に入り込んで観れたのも、僕の育ってきた環境もありますが、母親(キム・ヘジャ)はもちろん、息子(ウォンビン)の演技もすごくてこの映画のリアリティがめちゃくちゃ増してました。

それと、冒頭の踊りのシーン、この踊りの感覚や感情が僕の経験値では理解できませんでした。

created by Rinker
¥4,404 (2024/02/28 18:05:07時点 Amazon調べ-詳細)
おすすめの記事