【映画感想】この世界の(さらにいくつもの)片隅に

映画の中でもアニメは苦手な方ですが、
映画のレビュー評価が高くこの世界の(さらにいくつもの)片隅にを観てみたのですが…。

あらすじ
広島県呉に嫁いだすずは、夫・周作とその家族に囲まれて、新たな生活を始める。昭和19年、日本が戦争のただ中にあった頃だ。
戦況が悪化し、生活は困難を極めるが、すずは工夫を重ね日々の暮らしを紡いでいく。
ある日、迷い込んだ遊郭でリンと出会う。境遇は異なるが呉で初めて出会った同世代の女性に心通わせていくすず。しかしその中で、
夫・周作とリンとのつながりに気づいてしまう。だがすずは、それをそっと胸にしまい込む……。
昭和20年3月、軍港のあった呉は大規模な空襲に見舞われる。その日から空襲はたび重なり、すずも大切なものを失ってしまう。
そして、昭和20年の夏がやってくる――。

この世界の(さらにいくつもの)片隅に

何とも言えない気持ちになった。感動した訳でもなく、泣いたわけでもなく、胸くそ悪いわけでもなく。

感想 この世界の(さらにいくつもの)片隅に 何とも言えない気持ちになった
この世界の(さらにいくつもの)片隅にの感想です。昭和20年ごろの戦時中、心休まらない背景の中で、心静かに、穏やかに生きる主人公すずを中心に、登場人物すべてのこの世界観というか、人生観というか、

「ただただ今日を生きていくだけ…」そんな風にも捉えれれる心の静かさと同時に、今日を懸命に生きるような強さを同時に感じて、何とも言えない胸が締め付けられるような気持ちになった。

映画を観ると、今の想いや感覚に多少影響を受けることもあるけど、この、この世界の(さらにいくつもの)片隅には、色んなことがハイスピードで進んでいくこの世界との違いをすごく見つめ直せた。戦争がどうの、戦時中はどうのでなく、今はTwitterやyoutubeなどで情報を毎日インプットして、流れるように生きてるという現実を改めて感じた。

DVDなり、ダウンロードなり買って所有してもいいんじゃない?って見終わって思ったとてもいい映画です。

created by Rinker
¥300 (2024/02/28 17:20:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめの記事