【昼顔 映画】神様、あの人を私に下さい。不倫経験ないけど、不倫映画観てみた。

上戸彩、 斎藤工主演の「昼顔」不倫映画を視聴しました。

不倫経験はないけど、そんな想いで観ました。

1ヵ月お試しサブスクで映画を無料視聴する

\ 1番おすすめ 見放題 U-NEXT /

31日間無料お試し 一切お金かかりません

映画 昼顔 概要 あらすじ キャスト

映画名 昼顔
出演 上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行、黒沢あすか ほか
監督 西谷弘
上映 2017年6月10日~

お互いに結婚していながら、惹かれあい愛し合うようになった笹本紗和と北野裕一郎。その一線を越えた関係はいつしか明るみになり、ついに2人は別れざる得なくなってしまった。そして、紗和は夫とも別れ一人になった。あれから3年――紗和は海辺の町で慎ましく暮らしていた。オーナーの杉崎尚人が営むレストランでのアルバイトと狭いアパートの往復が日課で、北野の夢を見る事さえ既に無くなっていた。海岸沿いの小さな町には、彼女の過去を知る者は誰もいない。一方、大学の非常勤講師となっていた北野は蛍に関する講演を、ある街で行う事に。講演中、客席に目を向けたとき、彼は言葉を失ってしまう。そこには、紗和の姿があった。「神様、私を試しているのでしょうか」運命のいたずらか、再びめぐり会う二人。あの時に交わした愛を忘れられず、どちらからともなく逢瀬を重ねていく。

昼顔映画感想

昼顔映画の感想です。

元々不倫で愛し合ってた2人が再開をしてしまい、また愛し合ってしまうという展開です。これ、どの立場で見るかで、映画、昼顔の見え方、感情が変わってきますね。

僕は器用なのか、オーソドックスなのか、それぞれの立場に感情移入してみてました。

不倫と普通の恋愛の違い

上戸彩と斎藤工はお互いW不倫で、契約を交わしてる

  • 会ってはいけない
  • 連絡をしてはいけない
  • 話してはいけない

今後2度と交わることはないという法的な手続きをしてて、偶然に出会ってしまう

これ、もしも不倫でなく、普通に出会って恋愛してたらどうなのだろう。そんな風に思いました。

普通の恋愛であれば、絆を深めて一緒になるか、どこかでダメになって別れるかしかないから。

この昼顔での設定では、お互いが愛し合ったまま、法的に別れた相手と再会というのは、はんぱない感情が沸き起こりそうで。

不倫だから特別な感情が湧く

会ってはいけない、愛してはいけない、思いだけが存在してて、再開してしまった時の感情って、2人にしかわからないものがある。

理性を抑えきれないどころか、抑える気もなくなってる、上戸彩と斎藤工の演技に見入ってしまいました。

神様、あの人を私に下さい

神様、あの人を私に下さい

上戸彩の映画でのセリフ「神様、あの人を私に下さい」もう、強い想いとか、自分勝手とか通りこして、執念になってる。

僕は持論で、

誰かを不幸にして自分が幸せになることはない

そんな思い込みを漠然と持っています。

でも上戸彩からすれば、とても甘っちょろいと言われてしまいそうです。

女の一念岩をも通す

こんなことわざを思い出すほど、上戸彩のブレない思いはすごかった。

恋愛のほとんどは、

  1. 恋愛は頭で考えて出来ない
  2. 感情で行動してしまう
  3. 「好き」に理屈はない

だから法的手続きをしても、理性やルールで解決できない。

不倫経験はないけど、求めあえたらどうしようもないんじゃないかな

まぁ、ブログで不倫を肯定するわけにもいかないので、「不倫はダメですよ」と言っておきます。

誰かを傷つけると全部自分に返ってきます。

その不倫という強烈な感情や欲に同等するしんどさ、辛さを味わうことになるでしょう。

created by Rinker
¥407 (2024/06/17 10:12:09時点 Amazon調べ-詳細)

 

おすすめの記事